洗面所リフォーム

MENU

洗面所のリフォームの基礎知識

洗面所リフォーム申込

洗面所というのは住人がライフスタイルを送る上でのあらゆる機能を果たしており歯磨きや洗顔、手を洗うといった行為の他に男性であればシェービングを行い女性ならメイクを行う方も居ます。

そうした利用実態から考慮すると洗面所をリフォームする上でポイントになる事は、パウダールームという使い方でも不便を感じないように設計する様子です。

 

パウダールームとしての使い方に重きを置く際に重要なのは照明や鏡の選定方法であり、比較的住宅内でも込み入った場所に設けられる機会が多いからこそ、明るく照らせる照明器具を選定する事が重要になります。最も理想的なのは自然な光がたっぷりと室内に入り込む設計でリフォームを依頼する事ですが、間取りや収納スペースの関係上現状よりも窓を大きくしたり、新たに設けるのは不可能だという家庭も少なくありません。そのような時は壁面の高い所やミラーキャビネットの上に取り付けられる窓や天窓にするという考え方に変えてみるのも良い方法であり、そうすればたとえ日光の恩恵が授かりにくい北側でも明るさが確保できます。一方、大々的なリフォームを計画しても窓を作る事は難しいという事例では、テレビ局の楽屋に設置されているような鏡の周囲に顔を照らすための照明器具が多々設けられているミラーキャビネットにしましょう。

 

また、洗面所でシェービングやメイクをする時には水を受け止める洗面台によって身を乗り出さなければ、鏡に顔を近づけて見る事ができません。
非常に疲れを感じる姿勢ですし足元が滑って転倒する恐れもあり危険なので、鏡の部分が手前に飛び出せるタイプにすると安心に作業が行えます。さらに、洗面所においてはドライヤーやシェーバーといった美容家電を使用する頻度も高い事から、コンセントが不足しがちになるのでリフォームを行う時には現在よりも増やしておいたり、現状とは異なる位置にコンセントを変更しより一層楽な姿勢で抜き差しが済ませられるようにすると便利です。

洗面所リフォームを依頼する際の3つのポイント

洗面所リフォーム見積り

自宅でよく利用する場所のひとつに洗面所が挙げられます。ここでは歯磨きや髪の毛のセット、その他にも様々な場面で活躍します。そして、自宅の洗面所を不便に感じているという方も大勢いらっしゃるのではないでしょうか。そこで、もしも今現在洗面所リフォームを検討しているというのなら依頼時の3つのポイントを知っておきましょう。まず1つ目のポイントとして、利用するリフォーム業者の評判を事前に知っておくことです。インターネットで検索しても数多くのリフォーム業者があり、その業者によっては施工の良し悪しがあります。そのため口コミなどを利用して良い業者を探しておきましょう。

 

SNSでも情報を集められるので簡単にチェックできます。2つ目に料金を知っておくことも大切になります。例えば施工にかかるお金であったり、材料費など利用する業者によって金額に差が出ることも考えられます。依頼する前には見積もりを取ることもでき、その見積もりの内容を詳しく見ていけば、どういった材料が利用されるのかをチェックしていくことができます。良い素材を利用してほしい時には、その情報を伝えておくことで見積もりに組み込んでもらうこともできますので、予算にあった見積もりを出してくれた業者を探してみましょう。

 

最後に3つ目のポイントとして、洗面所リフォームにおいて自分のもつイメージを業者にうまく伝えることが大切になります。うまく伝えられないと、想像と違ったリフォームになってしまう可能性もありますので、事前に自分のイメージをまとめておくといいでしょう。例えば紙に書いておいたり、自分で絵を描いてみるのも手です。依頼する側とされる側のイメージが重なることが重要ですので意識しておかれるといいかもしれません。依頼に不安があるという方もいらっしゃるかと思われますが、何度も打ち合わせを行いながら洗面所リフォームを行ってもらえますので、少しずつイメージを形にしていかれるといいのではないでしょうか。

洗面所のつまり、修理に掛かる時間と価格相場

洗面所リフォーム一括見積り

洗面所は毎日使う場所ですので、異常が出たらすぐに気づきやすい部分でもあります。顔を洗っていると水が流れにくくなっているとか、歯磨きをしていても水が流れにくいとなれば困る事になります。水が流れにくいだけであればまだいいですが、完全につまりとなってしまい流れなくなると、水を流すことが出来なくなるので、使用できなくなってしまいます。つまりが出た時には早く対策を行うようにし、使えなくならないようにしなくてはなりません。つまりを直すためには、専門の業者に依頼をして修理をしてもらわなくてはなりませんが、修理費用が必要になります。相場としては、一万円前後が多くなっていますが、費用のかかり方が業者によって様々です。

 

基本料金や出張費用が必要になる業者があったり、それにプラスして部品代が必要になりますので、合計でいくらくらいになるか見積もりをしてもらわなくてはなりません。あまりにも法外な費用を請求されてもいけませんので、相場を目安にして良心的な業者を見極めていきましょう。修理にかかる時間は、つまりの原因次第によって変わってきますが、一時間程度で修理が終了する事も多いですので、時間に余裕を持っておく事です。状況によっては修理に時間がかかる事もありますので、来てもらう時には後の予定を入れておかない方が安心出来ます。予定がある時に修理に来てもらうと焦って直してもらうようになりますので、ミスが出てきてもいけません。

 

焦らせたことによってうまく直らずに、再度来てもらわなくてはならなくなってもいけませんので、時間に余裕を持っておく方が安心出来ます。つまりの原因は様々ですが、普段から余計なものは流さないように気をつけておきましょう。いざ修理をしてもらう事になった時には、24時間電話受付をしてくれる業者もありますので、あらかじめ業者に目星をつけておけば、慌てて業者を選ばなくてもすみますので、いい業者にお願いできます。

洗面所の詰りの修理は自分では掃除までにしておこう

洗面所リフォーム依頼

日常生活の中で洗面所を詰まらせてしまうことがありますが、この時に知っておきたいポイントがあります。大切なのは専門家を呼ぶということで、知識のない素人が自分で修理をしようとするのは良くなく、逆に状態を悪化させてしまう可能性が高くなってしまうので注意が必要です。排水管のつまりは異物を取り除けばいいと簡単に考えて、取り出そうとしますが、上部から棒やピンセットを使って取ろうとして逆に落としてしまうことがあります。そうするとさらに手間が増えてしまい、パイプを取り外さなければいけなくなり、作業が面倒なものとなり料金も高額になるかもしれません。

 

他にもヘドロなどの汚れだと思って洗浄液を使う人がいますが、これも良くないです。特に古い賃貸アパートでは使用しているパイプの種類によっては、溶けてしまうなどトラブルになってしまう可能性が出てきます。使用する時にはパイプの種類と洗浄液の相性を考えなければいけなく、古い住居ほど注意が必要です。そこで洗面所のつまりがあった時は専門業者に頼んだ方が効率が良く、自分で行うのは掃除までにしておくと余計なトラブルを引き起こすこともありません。業者に依頼すると費用が高くなってしまう、時間がかかると思っている人は多いですが、洗面所の詰まり程度なら料金は安く、不安な場合は事前に見積もりを頼むこともできます。24時間対応して

 

すぐに来てくれるところも多いので、トラブルが起こった時にはすぐに連絡するのがおすすめです。自分自身で余計なことをして、被害を大きくしてしまうよりも、料金はかかっても専門家に対処してもらう方が安全で確実な方法だと言えます。洗面所のつまりにはさまざまな原因があるので、状況をしっかりと見極めて対処することが重要です。素人が余計なことをすると、だいたいは悪化させてしまいますので修理に手を出すことはなく、掃除をするくらいで充分と言えます。大切なのは信頼できる業者を見つけて、依頼することです。

洗面所に異物を流して排水つまりを起こした場合

洗面所リフォームおすすめ

洗面所の排水は以外にもつまりやすいものです。洗面所で使うピン止めや綿棒などの異物を誤って落としてしまうと、それがつまりの原因になることもあります。排水口にきちんとごみ受けなどが付いているのであれば、大きな異物を落としたとしても流れていくことはないでしょう。もしも流れが悪くなってしまった際には、ごみ受けに付着した髪の毛などの異物を掃除すれば流れは良くなると考えられます。

 

洗面台の下の扉を開けてみると、一般的にはアルファベットのUの字のような形をした配水管が見つかります。このような形をしている理由は、排水からあがってくるにおいを遮断するためです。簡単に言うと下水からあがってくるにおいを水によって遮断するということです。もしも洗面台に異物を流して排水つまりが起こった場合には、この曲がった部分に異物があり、そこに髪の毛などが絡んでつまりを起こしていることが考えられます。子供がいるい家庭などでは、自分には覚えがないけれども突然流れが悪くなり、知らない間に子供がおもちゃなどを落してしまうこともあります。

 

この時の対処法としては、この曲がった部分は接着などがなされていないため、手で簡単に外すことができます。ジョイント部分が簡単にわかるので、ここを手で外して中を掃除して異物を取り出しましょう。この場合にはバケツや洗面器などを下に用意しておかなければ、水がこぼれてしまいます。中には曲がった一番下の部分にキャップが付いていて、それを外せば掃除ができるようになっているものも近年では見られます。この部分にもしも何もつまっていないようであれば、原因はその先の配管の方だと考えられるため、専門の業者にお願いすることになるでしょう。洗面所の排水のつまりはこまめに掃除をすることにより防ぐことができます。しばらく放置しておくことで急にトラブルが起こる可能性もあるので、びっくりする人も多いものです。こまめに排水口などの掃除を行うことにより、つまりを防止することができるので、定期的に掃除をすることが重要です。